ebi54678tyann90131 のすべての投稿

十人十色

先週の土曜日の事です。

仕事で、先輩と二人で早朝から鹿児島へ行ってきました。

福岡から高速で3時間半ぐらいかかります。

先輩「土曜日はやっぱり車が多いね~」

オレ「そうですねぇ~、高速料金も安いですしね。」

先輩「どうせこいつら、海とか遊園地とかに遊びに行くんだろう?人が働いてるときによぉ!まったく。」

(あなたが休みの時に働いてる方もたくさん居ます。)と、サイレントで突っ込む。

ま、そんなどうでもいい話から、子供の話題へ。

先輩「首はすわったの?」

オレ「まだですね~。でも、眼は結構見えだしてるみたいですよ。最近やたらと、キョロキョロしてます。」

先輩「へぇ~、そうなんだぁ~。たしかウチの息子も一ヶ月過ぎた辺りからキョロキョロしだしたなぁ。…あっ!そうだ、携帯の待ち受け見せてよっ!」

オレ「9時20分です。」

先輩「…いやいや、待ち受け、待ち受けっ。」

オレ「…え?9時20分ですよ。」

先輩「違うっ!違うっ!違うっ!そうじゃない!画面だよ画面!」

(鈴木雅之かっ!)とサイレントで突っ込む。

この人、何でキレてんの?こえーよっ!と思いながらも

オレ「9時20分ですけど…。」

1日に、こんなに9時20分って言ったのはじめてだよ。

先輩「ちょっと、携帯貸してっ!」

俺は、携帯を奪われキョトン顔。

先輩「…ホントだ、…9時20分だね。」

オレ「はい、9時20分です。あっ、21分になった、あはは~。で、時間がどうかしました?」

先輩「なんで、待ち受け娘さんじゃないの?」

俺の待受画面のデジタル時計を見て、不思議そうに問いかける先輩。

オレ「あぁ~!うちの娘の顔が見たかったんですねっ!俺、待ち受けにしてないんですよ。嫁が写メール送ってきた画像なら有りますよ。見ますか?」

先輩「ていうかさ、何で、待ち受けを娘の画像にしてないの?変わってるよね?」

オレ「そうですか?」

先輩「娘に興味ないの?ちゃんと愛してる?」

『カチーンッ!!』

イラッときた俺は

「あぁ~ん?じゃあ携帯の待ち受け画面に我が子の姿を載せてなかったら娘を愛してないって事っすか?んなアホなっ!じゃあなんですか、車の後ろには『BABY IN CAR』のステッカー貼らなきゃ駄目ですか?『ハンディカム』買わなきゃ駄目ですか?ラジオネームは『純ちゃんパパ』じゃなきゃ駄目ですか?メロンは嫌いだけどメロン味のアイスは好きじゃ駄目ですか?俳句の季語と言っても過言ではない、『TUBE』・『稲川』・『広瀬香美』に、『おっととっと夏だぜ!』の『EE JUMP』を加えちゃ駄目ですか?そんな決まり事、ひよこクラブにも書いてねーしっ!だいたい、我が子への愛情の注ぎ方や愛しかたは人それぞれ色んな表現方法が有るだろうがっ!母親から聞いた話だが、俺が幼い頃に、まだ若かった親父は車を持っていなかった。仕事が終わったら1秒でも早く俺の顔を見たいが為に、会社から原付バイクを借りて通勤していた。ある日の会社帰りに乗り慣れていないバイクで転倒してしまい前歯を折った…。「ケイスケの顔が見たくて急ぎすぎたよ、アハハハハァ~」と破れたスーツと傷だらけの顔で笑いながら帰ってきたらしい。携帯なんて無い、待ち受け画面なんて無い、写メールなんて無い時代…、でも俺は、物凄く大きな愛情を感じる。あんたにこの気持ちが分かるのかっ!コラッ!!」

と、元ヤンの先輩にサイレントでぶつける。

それでも、腹の虫がおさまらない俺は、最終手段をとる事に。

『無視』です。

説明しよう。

『無視』とは

小学6年生の仲良し4人組女子グループ。その中のA子が、光の内海のファンだと言っていたにも関わらず、GENJIの赤坂にも興味を持ち始め、赤坂の下敷きを購入。それを知った元々赤坂の熱狂的なファンでもあるC子がカチンッときて、放課後にかぁ君ファンのB子と忍者ファンのD子を呼び出し、「私が赤坂好きだってあれだけ言ってたのに、A子ったら赤坂の下敷き買ってた…。あのさぁ、『無視』しようよっ。」とクラスの女子グループが一人の子を仲間外れに追い込む時に活用するオーソドックスな技である。

先輩「アメいる?」

俺「…」

先輩「おいっ、アメいらないの?」

俺「…」

先輩「おいっ!」

俺「あ、はぃ…、い、いただきます。」

福岡から鹿児島までは約3時間半。

やっぱり、33歳のイイ歳こいた大人が、3時間半(往復7時間)の『無視』はできずにアメをいただく…。

口に入れてすぐに噛んでやりましたけどね。

鹿児島での作業も無事に終わり、福岡へ戻ることに。

先輩「やっぱ、土曜は高速道路混んでるね~」

俺「DESUNE。」

先輩「まぁ、明日は休みだし、のんびり帰ろっかね~」

俺「DESUNE。」

先輩「明日は、子供連れてどっか出掛けるの?」

俺「別に…。」

怒りのおさまらない今の俺には、こんな、イーストエンドプラスERIKAな会話しか出来ない。

そのとき…

「ピロリロリロリィ~♪ピロリロリロリィ~♪」

重苦しい車内の雰囲気を一瞬にして変えてしまうような、電子音…

先輩の携帯だ。

うるせぇ~なぁ~…

あっ、まてよ…

そこまで言うならあんたの可愛い可愛い自慢の息子が載った待ち受け画面見てやるよっ!

と、自分の左目で右目が見えるんじゃないかと心配になるぐらいの横目で、先輩の携帯を覗き込む俺。

『三沢』だ…。

説明しよう。

『三沢光晴』1962年生まれ。プロレスラー。試合中の事故により死亡。『先輩』1973年生まれ。会社員。体中が肥満により脂肪。よって、待ち受け画面の『三沢光晴』は間違いなく、『先輩』の息子では無い。もう一度言う、『先輩』の息子では無い。

ちなみに、『フネさん』は52歳。『ワカメ』が9歳。計算すると、『フネさん』が『ワカメ』を産んだのは43歳。間違いなく簡単な出産では無い。もう一度言う、簡単な出産では無い。

グッジョブ!

…いやいや、グッジョブ言うてる場合ではない。

待ち受け画面、息子じゃねーのかよっっ!!

9時20分頃に、俺に熱く語ってくれた愛情論は何だったんだよっっ!!

やっぱこの先輩、ただ者じゃねぇわ…(mixi日記■玉掛けepisode.0参照)

何だか、精神的にドッと疲れ、うなだれる俺。

夕日が差し込む静かな車内。

ふと、小学生の頃の運動会を思い出す。

朝、何だかいつもより早く目が覚める。
それよりも、もっと早く起きてコンビニの弁当…ではなく、たくさんのオニギリと玉子焼きとウインナーを弁当箱に詰める母の忙しそうな手。

ハンディカムのバッテリーの残量や充電…では無く、親子リレーで走るためのジャージや靴を気にして選んでいる父。

かけっこの時に、「お父さん!お母さん!一番とるからちゃんと見ててねっ!ねっ!!」と、はしゃぐ俺がゴールするところを、カメラやビデオのレンズ越し…ではなく、生の眼で追い、叫んで応援してくれてた両親。

今でもあの頃の光景が、愛情として頭に焼き付いています。

勿論、愛情表現や感じ方は人それぞれ。

ただ、俺の愛情の感じ方・注ぎ方はこんな感じだというだけの話です。

 

再会

約10年ぶりに元クラスメイトに、会いました。

10年か…。

お洒落になってた。
でも、昔の面影もあって、安心したというか…、そもそもよく考えてみたらクラスメイトではあったけど、個人的にゆっくり話すこと自体は初めてのような相手でした。

「何で私たち今、一緒にいるんだろうね…?」みたいな、お互い不思議な感じ。笑 それはそれで、ちょっと緊張したけど新鮮で楽しかったです。

かつて、同じ教室で授業を受けて、共通の知り合いも多くて、懐かしい思い出話で盛り上がれる相手。私は、その人に対しては、理由はよく分からないけど、ずっと好印象を持っていたような気がします。

とはいえ、自分でもチャレンジャーだと思います。だってねぇ…会ってみたかったんだもん。

中学のとき、茶髪の不良男子グループとも仲がいいのに、本人は黒髪だったところが好感度高かったのかな?笑 誰とでも仲良くなれて信頼される人気者男子。みたいな印象でした。笑 私みたいな大人しいタイプだった女子とも、優しく話してくれた記憶もあって。

でも、個人的なことは意外にあまり知らなかった。

「実は、あんまり俺のこと知らんやろ?笑」

「…。笑」

良かった。やっぱり優しい人で。

正直…、その人の彼女がちょっと羨ましくなったな。

歌も上手いし。ラップのかっこよさでは、私の知り合いの中でダントツです。私がkreva好きだからもあると思うけど、ちょっとね、あれはね、聞き惚れますよ。

人と適度な距離感を保つのが上手い人は、モテるよね…。

だから、嬉しかったけど、ちょっと切なくなった。

それにしても、先週末は充実してました。

土曜日は英会話シェアハウスに泊まりに行って。日曜日は誕生日会をしてもらって。

色々あって、元気になりました。^^良かった。皆、ありがとう*

言い訳

今日は朝からアップルパイを食べながら
スーパーボウルを観ていたよ。

ハーフタイムショーが
ブラックアイドピーズとUsherだったので
ちょっとハードで朝からはどうかと思うけど
とってもかっこ良かった

最初から応援している方が点を取られ
負けてしまいそうだったので
途中からは最初から応援していなかった方を
応援することにしたのだけど

でも、最初に応援していた方が点を取り始めて追いついてきて
やっぱり最初から応援している方が勝った方が嬉しかったので
最初から応援している方を応援する事にしたのだけど

結局、最初に応援していた方が
どちらか分からなくなってしまったので
色が似てるし朝早いんだからしょうがないね
という言い訳をしながら
アップルパイを食べていたよ

それにしても
だいたいのルールしか分からなくて
どっちを応援しているか分からないような
馬鹿な人でもこんなに楽しめるのに
何で日本ではアメフトの人気が低いのだろう

これを機にたまには真剣に考えてみよう
と思ったけど

今日は早起きをしたので
早く寝ないと明日また片頭痛になってしまうから
それはまた来年考えよう

 

ダメ

風邪をひいた…。

先月末にひいたばかりなのに
年末に風邪をひかないようにって簡単な目標を立てたのに
風邪をひいた…

まだ2月なのに
3つ立てた今年の目標の内
もう2つも達成するのが難しくなってしまうなんて…

ひと月あたりひとつ目標がダメになるペースなので
このままでは目標が13個ないと
ひとつも目標が達成できないじゃないか
早く今月ダメになる分の目標を考えなきゃ
目標がひとつもないダメな人間になってしまうじゃないか

ということで考えた今月ダメになる目標は
「Hなキーワードで検索をするのはやめよう!」
という目標に決定

今月もこの目標がダメになるように頑張ろう

今日はスーパーで
2リットルのミネラルウォーターを2つと
とっても美味しそうなイチゴ大福を2つと
わさび醤油で食べると美味しいコンビーフを2つ買った時
意地悪そうな服を着て
意地悪そうな顔をした
意地悪そうなおばさんに
きっとこの人はイチゴ大福とコンビーフを食べながら
ミネラルウォーターを2リットル飲む生活をしてるのね…
という意地悪そうな目で見られた気がしたので

あのおばさんみたいに
人を色眼鏡で見るような
ダメな人間にならないように気をつけよう

と思った
そんな日。

今日は朝おでこをアリが歩いていてビックリして飛び起きたよ。

夜は暇だったのでまた本を読んでいたのだけど
CMで「新聞や本を読むとあなたの知層になる」と言っていたのに
新聞を読んだって本を読んだって
受け売りが増えるだけだし
気持ちが悪い夢ばかり見るし
悪い影響ばかりのような気がするのは
きっと気のせいだよね

大事なときにまったく役に立たないのも
大事なときにまったく思い出せないのも
たまたま頭の奥のほうに入り込んでしまっただけで
その知層というやつのせいじゃないよね
気のせい気のせい

そういえば
最近、DVD借りて来て王様のレストランを観ているのだけど
あれは何度観ても面白い最高のドラマだね
ケチを付けるところもないし
山口智子も鈴木京香も美人だし
気に入らないところもまったくない

たまたま僕が
ドラマなどに影響を受けたりしないタイプだからよかったものの
もしもすぐに影響を受けてしまうタイプだったら
今頃レストランで面接を受けているところだ
危ない危ない

誰かに言いたくなるような
とっても珍しい出来事が朝からあったけど
おでこを歩いていた小さなアリに
思い出すと恥ずかしくなるくらいヒーってなったので
これは誰にも言わないようにしよう

と思った
そんな日。

交通安全・・・シートベルト編

半年前のことですが僕は出張で行った北海道の札幌の本社から日本海沿岸の

余市町へ向かって社用車を走らせていました。

北海道の日本海沿岸の町は明治時代にニシン漁で栄え、

その当時から続くニシンや数の子を加工する工場が立ち並んでいて、

ニシンが獲れなくなった今では、

その技術を活かして海外のニシンや数の子を輸入して加工を行っています。

僕はニシンや数の子の加工工場に

食品加工用機械の販売と修理の仕事で余市町へ行く予定でした。

札幌から余市までは車で90分、

僕が移動に使う道は通称フルーツ街道と呼ばれる、

葡萄や林檎、さくらんぼ畑を突き抜けるように延びる道で、

10kmくらい信号がない区間もあります。

アップダウンやトンネル、ほどよいカーブもあって、

かなり気持ち良く走ることの出来る道なのですが、

必然的に制限速度の50km/hに対して、

この道を走る車の平均速度は75km/hくらいになってしまっています。

山を抜けて平野となり道の左右に葡萄畑が広がった瞬間に、

オイラの壊れかけたレーザー探知機(警察の速度取締に使用している電波に反応する装置

)がピーピーと反応を示しました。

ヤバイ!ブレーキだ!と思い右足をアクセルからブレーキに、

スライドさせましたが時すでに遅しです。

笛を鳴らしながら“止まれ”と命令調に書かれた旗を突き出したおまわりさんに静止させら

れました。

あーあ!とため息をついたオイラにおまわりさんは

「ちょーっとスピードが出すぎていたようでーす。免許証を持って来てくださーい。」

なんか変なテンションで話かけてきました。

やれやれ、せっかく3年間、無事故無違反だったのに

また、優良ドライバーにはなれないな!と落ち込みながらパトカーの後部座席に座り、

テンションが変なおまわりさんに、

免許証を差し出し住所、氏名、会社名を記入させられました。

「運転手さーん急いでましたー?」と、これまた変なテンションでの質問に、

『正解!!おまわりさんのおっしゃるとおり!!』

とオイラも変なテンションで返答して反則金の振込用紙を財布に突っ込みました。

社用車に戻ってすぐに、嫁に電話して愚痴も聞いてもらい、

気持ちを少しスッキリさせてから再び社用車を走らせたのでした。

その翌日に僕はGPS機能付のレーダー探知機を購入しました。

この探知機はレーダーを使わない取締装置やNシステム、

過去にネズミ捕り(速度取締)等を行っていた場所を座標データとしてあらかじめ記憶し

ておき、

GPSにより自車の座標位置と照合することにより警告を出す機能が付いた探知機です。

この探知機のおかげで、取締りが行われている場所の数百メートル前から音声で

警告してくれるので安心して運転をすることが出来るようになりました。

春の交通安全週間の期間中のことですが仕事で取引先に向かう途中に、

探知機が“取締りポイントに注意してください”と警告してきたので、

とりあえずオイラは制限速度の50km/hまで減速しておきました。

探知機の液晶パネルに表示されている取締りポイントまでの距離が

どんどん少なくなり残り100メートルの所で、

目立たぬように歩道の端から無線を片手に道路を見つめるおまわりさんを発見しました。

おお、やってるやってる!こっちはGPS付レーダー探知機だから隠れてても分かってる

って!

オイラは引き続き慎重に50km/hを維持して走行しました。

おまわりさんも寒い日に大変だな!

警察の皆様ご苦労様です!などと、

ねぎらいの気持ちも持ちながら運転していました。

オイラとしては、かなりセーフティーに運転していたのですが、

何を血迷ったことか、おまわりさんは突然笛を吹きながら“止まれ”の旗をオイラに突き出

してきました。

おいおい、オイラみたいなセーフティードライバーを

静止させるなんて尋常じゃねーぞ!何考えてんだ!アホか!!

ムカつきながらもおまわりさんの指示に従い車を左側に止めて窓を開けて、

顔を見ると20歳代の若造おまわり。

おい兄ちゃんヨー!オイラが何したってんだっ!

うぉらぁぁー!!って感じにガンを飛ばしていると、

若造おまわりは「運転手さんシートベルトはどうしたの?」なんて言葉を飛ばしてきまし

た。

はぁっ!!シートベルトだと!!

シートベルトならガッチリとオイラの右肩から左の腰に向かって

カチャっと締めて、締めて・・・

シートベルトを締めるのを忘れてました。

やる気はどこへ

3連休終わった~。
予定していたことがほとんど
出来なかったな。
夜中に映画観ていて昼夜逆転という
言い訳があるにしても動かな過ぎでした。
年末は色々と映画があるから
またまた映画三昧になるというのに
ダメだわ~。
WOWWOW 契約しちゃったせいですね。

休みの間に大掃除するつもりが普通の
掃除止まりだったし、衣替えして
いらない物を捨てるつもりが全く
手付かずだし、仕事でメモしたことや
資料を整理しようと思ってたのが
これまた全く手付かずという怠けぶり。
仕事なんて早く覚えてしまった方が
楽に決まってるのに、やる気のなさが
半端じゃないなと、我ながら驚きです。

それにしても体力がなくなったと
情けなく思う今日この頃。
夜更かししていた以外何もないのに
座ってるのもしんどくなって何度も
寝転がってしまうし、少し家事しては
寝転がりと、休憩多過ぎです。
食欲は普通にあるから単なる怠け病かな。
千代の富士じゃないけど、体力の限界
それを補う気力もなくなり…って
ところでしょうか。

今週末、土曜日は病院に行くので
1日つぶれるし、日曜は仕事だし
テニスも見たいし
またまた疲れる1週間となりそうです。

わずかに残る気力をしぼりだそう。

GAORAも契約しちゃったし、当分睡眠不足が続きそうです。

The dream comes true

白い浴室の大きめな檜の浴槽に僕は体を大の字に伸ばして浸かっていた、

丁度いい湯加減に見も心もリラックスして、

あーぁ!と自然に声が出る。

すると突然、白い小さなタオルで前を隠しただけの

22歳くらいの控えめでおとなしそうな女が浴槽に入って来て、

僕のすぐ隣に座った。

その女は僕に体をぴったりと付けて静かに微笑み

僕は、なんで!?どうして!?と思うが、

すぐに理由なんてどうでもいい!そう感じた。

たぶんこれは夢なのだから。

僕の目覚めた後でも覚えている夢は、

いつも性欲を満たすことができそうなチャンスが訪れる夢なのですが、

必ず失敗に終わってしまい夢の中でいい思いをしたことは一度もありません。

どんなに絶好のチャンスが訪れても必ずうまくいかない障害が起こって、

僕はイライラして、その直後に夢から目覚めます。

ぶっちゃけ、夢の中の僕は永遠のチェリーです。

子供の頃の夢はと言うと、だいたいが食欲を満たせそうで満たせない夢で、

美味そうな肉やケーキが目の前に現れて口にしようとすると必ず問題が起きてしまい、

食することなく夢から目覚めます。

夢の分析と聞けば精神分析学者フロイトの研究が有名ですが、

フロイトはとにかく夢とセックスに結びつけた分析をしていて、

銃が男性器、果物が女性器、動物が性欲を象徴しているなんて、

僕にとってはうれしくなっちゃうような研究なので、

当然、そのまま受け入れている学者はいないそうです。

僕の場合は全然!全然!受け入れられます。

僕の体にぴったりと寄り添うように湯船に浸かっている女、

僕の方から積極的に攻めていこうとした矢先に異変が訪れます。

ありえないことですが僕はやけに体にフィットした水着を履いて湯船に浸かっていたのでした。

なんか嫌な予感!このまま良からぬことが起きて結局何も出来ない、

そんな展開は絶対に嫌だ!

僕は一刻も早く水着を脱いでやることやっちまおう的に

水着を脱ごうとするんですが、これまた水着がなかなか脱げなくて、

僕はとてもイライラしてきました。

そして、水着と格闘していると女が消えました。

なんだよ、またかよー!いつもと同じじゃねーか! ちくしょー!

水着を着たまま湯船に浸かっているので、

股間が温くて心地悪いな!と思ったところで目が覚めました。

夢から覚めると嫁が僕にフェラをしていました。